@ティーサーバー、ポット、カップを温めます。
ポットは陶磁器製、銀製、ガラス製がよく、鉄製は避けます。
鉄製のものは紅茶のタンニンと鉄分が化合して、紅茶の色を黒っぽくしてしまうからです。
A.茶葉の分量を正確に計ります。

大きな茶葉(リーフグレード)ならティースプーン大山一杯・約3g細かい茶葉(ブロークングレード)ならティースプーン中山一杯・約2.5gを目安にします。

B.完全に沸騰した熱湯を使用します。

空気をいっぱい含んだ新鮮な良い水を沸かします。ティーカップ1杯分約150ccを1人分として、5円玉くらいの泡がボゴボゴ出ている沸騰した熱湯をティーサーバーに一気に注いでください。
英国の伝統的な教えでは、やかんをポットにもっていくのではなく、
ポットをやかんに近づけて注ぐと言われています。

C.ティーサーバーの蓋をして砂時計などを利用して充分蒸らします。  

大きな葉なら3〜4分、細かい葉なら2〜3分を目安にします。沸騰したてのお湯を注ぐとジャンピング(湯のなかで葉が上下に動く現 )が起こります。葉を十分開かせ、おいしさを引き出しますので、そっとして待ちます。
時間がきたら蓋を取り、スプーンで葉を起こすようにして軽くひとかきします。強くかき回すと渋味や苦味が出るので注意して下さい。

D.茶こし(ストレーナー)を使って、温めておいたポットに注ぐ。
ゴールデン・ドロップといわれる最後の1滴まできちんと注ぐこと。





紅茶の香りはどうやって造るのでしょうか?
紅茶の木はツバキ科の常緑樹でこの木から紅茶・緑茶・ウーロン茶が造られます。
紅茶は3〜4年経った木から新芽と2枚の若葉ををたんねんに手揉し、それを乾燥させ揉み込んで発酵させた茶葉をポットに入れて沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料水のことです。

「ここでゆう発酵とは菌による発酵ではなくお茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵です」

日本紅茶協会よると紅茶の効用としては酸化防止効果でガンの予防効果・抗菌効果ダイエット効果・疲労回復効果とストレスの解消・有害成分の排出・ミネラルやビタミンの補給等の効果があると言われています。


プライバシーポリシー   特定商取引の表示   Paddington